バレンタインとおバカな純情学生

バレンタインとおバカな純情学生

もうすぐバレンタインですね。

 

バレンタインにチョコなんてもらったことのない淋しい人間としては、街のバレンタインムードなどまったくの蚊帳の外です。

 

むしろこの時期は好きなお菓子がなんとなく買いづらいというくらいの時期となってしまいました。

 

なんとも淋しい限りです。

 

でも、他の人の幸せムードが妬ましいなんてこと考えたことないようなお気楽な人間ですから、クリスマスだのバレンタインだのでお祭り騒ぎしているのって案外嫌いじゃなかったりします。

 

そういえば中学の頃でしたか、よく話しかけてくれる女子の先輩がいて、バレンタインの頃にはもしかしたら義理チョコくらいはくれるのではと一人でドキドキしたもんです。

 

まぁ当然のごとくくれなかったですし、何となくソワソワしているような私を怪訝そうな顔で見ていたのを覚えています。

 

我が事ながらおバカで笑ってしまいます。

 

最近は友チョコだのご褒美チョコだのと、女子が男子に渡すというかたちすら崩れてきているそうです。

 

今は女子が告白するのなんて当たり前になってきていますから、そうなっても不思議じゃないですよねぇ。

 

そう考えると私が子供の頃などは何にもなかったけれど、今以上にドキドキがあふれていたのかもしれません。

 

なんだかチョコ食べたくなってきたなぁ・・・。

 

ご褒美チョコだと言い聞かせて買ってこようかなぁ・・・。