包茎手術と重症度

包茎手術と重症度

よく調べてみなくても一目見ただけでわかるのが包茎です。

 

皮をかぶっているかどうかで判定ができるのもそうですが、勃起時にどのような皮の状態になるかでも包茎の重症度を調べることはできます。もし重症度がかなりレッドに近いということであれば、包茎手術も検討しなければならなくなるでしょう。

 

この重症度には医学的に包茎の度合いを分類したものが指標として適合させることができます。

 

それが仮性包茎なのか真性包茎なのかです。仮性は普段皮に隠れている亀頭が勃起時には露出するというものです。

 

そのため見た目が仮の包茎と考えておけば間違いはありません。

 

真性は完全にかぶっている状態で、これを患う人は手術が必要になる可能性があります。年齢的にかぶっているのがおかしいところまで来ているのに、痛みが伴って剥けないということであれば性的な問題も浮上する可能性があるので注意しておいた方がいいでしょう。

 

性行為の時になって痛みだけでなく行為自体ができないことだって起こる状態です。もしそんな状態が治らないようならば、ひ尿器科のような専門の病院などで診てもらったほうがいいでしょう。